採れ始めた茄子で


パスタを作りました。
嫁ぎ先の農家で茄子が6月中から採れ始め、スナップは2~3週間前のものです。
茄子は義母が植えて手入れをしていましたが、収穫係を私が任されて、毎日か1日おきに採っています。
 
材料のトマト・バジル・茄子は自家栽培です。
トマト味のパスタは美味しいですが、茄子が入ると格別です。
 
ビニールハウスで採れていたファーストトマトは4月から収穫になり、そろそろ終わりになりました。
今はハウスのきゅうりが最盛期です。
 
きゅうりは、サラダや漬物などで沢山食べますが、わが家では郷土料理の「粕和え」もよく食卓に登場します。
 
 
 
 
 
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
 

先日のたけのこ料理


こんにちは。
わが家(嫁ぎ先農家)では、毎年親戚やお付き合いのある農家さんにたけのこをいただきます。
たけのこは下茹でが面倒ですが、
今年は何とか義母がぬかで茹でて下ごしらえしておいてくれたので、
私はそれをせっせと調理しました。
 
写真がその時のスナップです。
普段はチンジャオロース―にすることが多いのですが、今回は焼肉のたれとオイスターソースで調味しました。
この味付けは、男性が好みのようです。
 
近頃全国で、管理されていない竹やぶを再生する目的で、メンマを生産するプロジェクトが立ちあげられているそうで、当店のある飯田市でも地元の団体が生産したたけのこが沢山売れたそうです。
※関連記事↓
放置竹林で日本産メンマ 長野・飯田
 
農地、山林は管理が大変ですが、ちょっとアイディアを出せば楽しく美味しい活動になるのですね。
 
私の住む地域では、春になると、たけのこもそうですが、
たらの芽やふきのとうを天ぷらにして食べたり、わらびをおひたしにしたりして楽しんでいます。
地域で長く暮らすほど四季折々の楽しみ方がわかってくるものですね。
とはいえ、わが家もこれからの季節は草退治など住まいの管理頑張りたいです。
 
 
 
 
 
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
 

安い、うまい、栄養満点!の葉にんにく


 
こんにちは。
 
冷たかった風が少しぽかぽかとしてきて、インフルエンザよりも花粉が気になる季節になって来ました。
 
わが家(嫁ぎ先の農家)で採れた野菜を使って作った昨日の晩ごはんがとても美味しかったので、ご紹介します。
☆葉ニンニクと豚肉の炒め物レシピ
↑ニンニクの芽のレシピですが、わが家では葉ニンニクを調理しました。
 
葉ニンニクは、にんにくが育つ過程で茂る葉です。
一方、ニンニクの芽は、にんにくの花が咲いた時に、花から伸びた花茎を摘み取ったものです。
芽の方が一般的に知られているでしょうか。
 
葉ニンニクは芽に比べるとやわらかくジューシーで、ニラとにんにくの中間のようなものです。
炒め物やラーメンの具などに向いています。
今の時期、直売所などでリーズナブルに売り出しています。
(わが家でもおよりてふぁーむでひと束130円で販売しています)
 
写真の料理は、葉ニンニクの香りと豚肉と甘辛のタレが絶妙で、ごはんがモリモリ進みました。
季節の味が食卓に並ぶのは幸せなことですね。
(しかもお財布にも優しい)
 
新生活が始まる学生さんや新社会人などが準備で街へ繰り出し、短い休暇を楽しむ子供たちが行楽地に溢れる季節です。
みなさまも春を迎える喜びを楽しまれますように。
 
 
 
 
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
 

マイブームの焼き芋


この頃は産後の体も少しずつ回復してきて、嫁ぎ先では週に2~3回畑に行くことができるようになりました。
主人や義母が収穫した野菜を直売所に出しに行くこともしばしばです。
 
私は今サツマイモと落花生の収穫や直売所への持ち込みを担当しています。
どちらも沢山の農家さんが出荷するので売り場に行くと野菜が何となく埋もれてしまいます。
そこで、わが農園では野菜にポップを付けて並べることにしました。
 
ポップを付けるには、味の説明やおすすめの調理方法を研究しなければなりません。
そこで、今年は収穫したサツマイモを食べに食べました。
 
一番味のわかる調理方法は焼き芋です。
炊飯器に皮つきのまま洗って水を拭きとらないサツマイモを入れて、水を1~2cm注ぎ炊飯ボタンを押すだけです。
 
写真のサツマイモは「べにあずま」というホクホク感が特長の品種ですが、炊飯器に入れるとご覧の通りしっとりして、表面に糖蜜が滲みだしています。
 
最近では焼き芋が百貨店の地下やローソンやドンキホーテで売られているそうですね。
子育てで忙しく居住地域の範囲から出ない生活をしているので、こちらの記事を見るまでそう言った事情を知りませんでした。
 
まさに「食欲の秋」で体重が少し増量していまいました。
でも、旬のものが美味しく食べられて幸せです。
 
 
 
 
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
 

三島のボールに菜の花の辛子和え


お久しぶりです、のごあいさつが恒例になってしまいました。
 
今年は3月終わりから急に気温が上がり、南信州でも、桜が一気に開花し満開となり、新緑の混じった様子となっています。
 
私事ですが、1月末に無事出産を終え現在は嫁ぎ先と実家を行ったり来たりしながら子育てに励んでいます。
 
本日は、実家の陶器店で作業中です。
先ほど、新鮮な菜の花が手に入りました。
白菜の菜の花だそうです。
辛子和えにしました。
 
季節の味覚を美味しいと思えるのは久しぶりです。
普段は生後2カ月の子供の世話の合間に手近な食べ物を口にしています。
 
子育てをするようになり一番変わったことと言えば、少し先の未来の事を考えるようになったことでしょうか。
料理一つとっても、キャベツの芯やじゃがいもの皮など廃棄部分をなるべく省エネで処分してみようと、細かく刻んで庭先に埋めるのが日課になりました。
(嫁ぎ先の農家ではそう言ったものを畑の隅に埋めたり家庭用の生ごみ処理機で堆肥にしたりと言うことを以前からしていましたが、上記は実家で行うようになりました。)
 
気温が上がったとはいえ、わが家では石油ストーブを点ける日も多く、そのうえで目玉焼きや湯たんぽのお湯などを温め必要のない時はすぐ消すと言った工夫もするようになりました。
 
とても若い頃は完全な消費者でしたが、商売を手伝うようになって販売者、嫁いでからは生産者と言う立場に移り変わっているのを感じます。
今生まれた子供が80才になる頃はちょうど21世紀末。
どんな時代になっているのかな?
販売した器を使ってくださる人も、生産した野菜を食べてくださる人も、品物や食品が手元に届くまでに少しでも地球環境に配慮された方法がとられていた方が幸せですよね。
そんなことを考えるようになったこの頃です。
 
最近のNew Arrivalsです↓
ロックカップ 窯変均窯(ようへんきんよう)
2018.4.1.1-1a
 
ロックカップ 窯変粉引(ようへんこびき)
2018.4.1.2-1a
ロックカップ 焼〆黒釉(やきしめこくゆう)
2018.4.1.4-1a
 
 
 
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村