農家の小正月


五か月ぶりの更新となります。
年も明けてしまいました。
 
実は、今月末に出産を予定しており体調が安定せず、
実家の陶器店と嫁ぎ先の農家の両方の仕事があまり出来ずにひたすら子供を迎える準備や新しい家族との家事分担の勘考、定期健診などと取り留めのない毎日を過ごしていました。
昨年の10月には、行っていなかった結婚披露宴も開くことができました。
※ちなみにその時の一枚がこちらです。
 
進捗のゆっくりな5カ月でしたが、私としてはとても大切な時間を過ごさせていただきました。
 
さて、上の写真は、13日に家族で協力して作った、農家の小正月の飾り付けのスナップです。
 
椅子に括り付けられているのは竹の枝で、枝先には伸してさいの目に切った餅を挿します。
これが「餅花(もちばな)」と言われる農家伝統の小正月飾りだそうで、豊作を願って毎年作られます。
椅子の座板部分にお盆に乗せられているのは、米の粉を水で練って蒸したもので作った蚕の繭の形や、野菜の形の「まゆ玉」です。
餅花もまゆ玉も、小正月が終わると茹でたり揚げたりして豊作を願いながらいただきます。
 
15日の朝にはおかゆを作り、食べる前に、市田柿の原材料となる柿の木の幹に塗りました。
これも、柿の豊作を願った南信州の農家ならではの習わしです。
 
年末・年始こそ体調などの関係で今年は実家に帰っており今まで通りでしたが、私にとっては農家の正月行事を体験出来ることがとても新鮮です。
 
今年は私の住む地域では比較的積雪が少なく農作業を進める上では助かっているそうです。
しかし、北陸や九州などの一部では例年にない大雪が積もり、センター試験や本試験の会場に向かわなければならない学生さんや通勤のサラリーマンなどはとても苦労しているようですね。
世の中が発達して便利になっても、天候や災害などの自然には逆らえず、季節の行事を大切にして神仏に祈る農家の人の気持ちもとても深く理解出来ます。
 
久しぶりのブログの更新でとても堅い内容となってしまいました。
出産をしてしばらくは、子供の世話が忙しく再びブログを更新させていただくのはまたしばらく先になりそうです。
 
明後日は、かのうや陶器店の店主である私の実母は、名古屋市で行われる陶磁器の新商品展示会に出掛ける予定です。
各メーカーや窯元で考案された器の中でこれはと思ったものを手合わせして、それらが3月初旬頃から店頭に並ぶことになります。
 
私も子育てや嫁ぎ先の農業の手伝いなどをしながら、許される時間の中で精一杯素敵なテーブルウェアの提案をしていきたいと思いますので、どうか、今後とも当店をよろしくお願いいたします。
生活様式が変わることで、今までにはない色合いが店作りに現れてくるといいな。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
 

好天の田植え


☆こちらをクリックすると上の画像が動画としてご覧になれます↓
goo.gl/PTDgao
 
一ヶ月半ぶりの更新となってしまいました。
 
ほぼ毎日ファーストトマトやミニトマトを収穫しています。
それに加え5月半ばからは、朝夕きゅうりの収穫をしています。
 
さて、昨日23日は嫁ぎ先の農家で田植えを行いました。
田植えのお手伝いは初めての経験です。
 
現代の日本ではほぼ全て田植えは機械を使って行われます。
一方で、ごく一部の田んぼでは昔ながらの方法で手植えをしているそうです。
南信州では「日本の棚田百選」にも認定されたよこね田んぼが有名です。
 
 
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
 

手づくりぼた餅


世間は3連休ですね。
私は土・日と農業のお手伝いをし、本日は陶器店で雑用をしています。
 
昨日・日曜はお義母さんとお彼岸のぼた餅を作りました。
あんこは昨年畑で収穫した小豆をお義母さんが煮たものです。
 
ごはんはうるち米ともち米が秘伝の割合で配合されています。
擦りこぎで一生懸命つぶしました。
 
畑で採れたほうれん草は、ごま酢和えにしました。
 
旦那さんはあんこぼた餅5個ときな粉ぼた餅3個食べたみたいです。
農家は沢山食べて力を付けなくてはですからね^^
 
実家の商店も四季の行事を大切にしていましたが、嫁いだ農家ではもっと沢山の風習があります。
一つ一つ覚えていくのが楽しみです。
 
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村