農家の小正月


五か月ぶりの更新となります。
年も明けてしまいました。
 
実は、今月末に出産を予定しており体調が安定せず、
実家の陶器店と嫁ぎ先の農家の両方の仕事があまり出来ずにひたすら子供を迎える準備や新しい家族との家事分担の勘考、定期健診などと取り留めのない毎日を過ごしていました。
昨年の10月には、行っていなかった結婚披露宴も開くことができました。
※ちなみにその時の一枚がこちらです。
 
進捗のゆっくりな5カ月でしたが、私としてはとても大切な時間を過ごさせていただきました。
 
さて、上の写真は、13日に家族で協力して作った、農家の小正月の飾り付けのスナップです。
 
椅子に括り付けられているのは竹の枝で、枝先には伸してさいの目に切った餅を挿します。
これが「餅花(もちばな)」と言われる農家伝統の小正月飾りだそうで、豊作を願って毎年作られます。
椅子の座板部分にお盆に乗せられているのは、米の粉を水で練って蒸したもので作った蚕の繭の形や、野菜の形の「まゆ玉」です。
餅花もまゆ玉も、小正月が終わると茹でたり揚げたりして豊作を願いながらいただきます。
 
15日の朝にはおかゆを作り、食べる前に、市田柿の原材料となる柿の木の幹に塗りました。
これも、柿の豊作を願った南信州の農家ならではの習わしです。
 
年末・年始こそ体調などの関係で今年は実家に帰っており今まで通りでしたが、私にとっては農家の正月行事を体験出来ることがとても新鮮です。
 
今年は私の住む地域では比較的積雪が少なく農作業を進める上では助かっているそうです。
しかし、北陸や九州などの一部では例年にない大雪が積もり、センター試験や本試験の会場に向かわなければならない学生さんや通勤のサラリーマンなどはとても苦労しているようですね。
世の中が発達して便利になっても、天候や災害などの自然には逆らえず、季節の行事を大切にして神仏に祈る農家の人の気持ちもとても深く理解出来ます。
 
久しぶりのブログの更新でとても堅い内容となってしまいました。
出産をしてしばらくは、子供の世話が忙しく再びブログを更新させていただくのはまたしばらく先になりそうです。
 
明後日は、かのうや陶器店の店主である私の実母は、名古屋市で行われる陶磁器の新商品展示会に出掛ける予定です。
各メーカーや窯元で考案された器の中でこれはと思ったものを手合わせして、それらが3月初旬頃から店頭に並ぶことになります。
 
私も子育てや嫁ぎ先の農業の手伝いなどをしながら、許される時間の中で精一杯素敵なテーブルウェアの提案をしていきたいと思いますので、どうか、今後とも当店をよろしくお願いいたします。
生活様式が変わることで、今までにはない色合いが店作りに現れてくるといいな。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
 

コリンキーでサラダ


こんにちは。
お盆休みはいかがでしたか?
私は嫁ぎ先の農家で過ごす初めてのお盆ですが、2~3日お休みをいただいて実家に帰っています。
 
お盆の風習は地域によって色々あると思います。
この南信州では食生活に関して言えば天ぷらまんじゅうやきゅうりの粕和えが特徴的です。
 
現在生活している農家では干しシイタケの煮ものを煮て訪ねて来た親戚に出したりお麩をお仏壇にお供えしたりする風習があり、やはり同じ地域でも家庭ごとに違うんだな、と思いました。
 
さて、上のスナップですが、先日初めて作ったサラダです。
コリンキーと言う生でも食べられるかぼちゃを使っています。
コリンキーの味は全く癖がありません。
匂いもきゅうりより少ないくらいです。
これと言って特徴がないのですが、何しろ色がきれいなので、こんな感じでサラダにして小さなグラスなどに盛り付けて料理に添えるとお洒落に見えるかもしれません。
レシピはクックパッドのこちらを参考にしています↓
☆コリンキーのイタリアンサラダ
 
残ったコリンキーは翌朝お義母さんがお味噌汁に入れてくれましたが、食感が普通のかぼちゃのようになっていました。
 
本日は全国高校野球甲子園大会で長野県代表の松商学園が岩手県の盛岡大付高校と第2回戦を戦う予定だったんですが、雨のため延期になってしまいました。
高校球児たちが全力でプレイする姿はとても清々しいですね。
 
気分も開放的になれる夏も終盤となりましたが、思い残しなくお過ごしください。
 
 
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
 

好天の田植え


☆こちらをクリックすると上の画像が動画としてご覧になれます↓
goo.gl/PTDgao
 
一ヶ月半ぶりの更新となってしまいました。
 
ほぼ毎日ファーストトマトやミニトマトを収穫しています。
それに加え5月半ばからは、朝夕きゅうりの収穫をしています。
 
さて、昨日23日は嫁ぎ先の農家で田植えを行いました。
田植えのお手伝いは初めての経験です。
 
現代の日本ではほぼ全て田植えは機械を使って行われます。
一方で、ごく一部の田んぼでは昔ながらの方法で手植えをしているそうです。
南信州では「日本の棚田百選」にも認定されたよこね田んぼが有名です。
 
 
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
 

飯田市でも桜が


本日の飯田市桜並木です。(写真左)
予想通り、4月5日ですが桜のつぼみがほころびはじめました。
 
今は毎日トマトの収穫や、ソラマメ・きゅうりなどの手入れで朝から晩まであっという間に過ぎていくので、
桜は特に見に行かなくてもいいかな、と思っていました。
 
ところが先ほど久しぶりに飯田市丘の上に来てみると、この様子に心が躍りました。
 
桜並木の桜もきれいですが、飯田市は一本桜の里としても有名で、季節になると毎年、市内外から沢山の観光客が訪れます。
私は特に飯田市美術博物館安富桜(やすとみざくら)が気に入っています。
 
みなさんの地域の桜はどんな様子ですか?
絶景スポットの風景をスマホに収めて見せ合うのも良い楽しみ方ですね。
 
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
 

ねぎぬた

2017-2-18-1
☆美濃焼 小鉢 350円+税
☆銀彩 水玉 箸置 1,200円+税
☆木曽ひのき箸 220円+税
 
お久しぶりです。
近頃は農家のKさんがインフルエンザにかかり、うつらないようにと私は毎日、丸一日陶器店の仕事で、しばらく体を動かす生活に慣れていたので何となく調子が出ません。
 
今朝のニュースで「葉たまねぎ」という品種のねぎでねぎぬたを作っていたのを見かけましたが、
わが家にも昨年のうちに蓄えた長ねぎが沢山あることを思い出して私も作ってみることにしました。
 
こちらのレシピを参考にしました↓
簡単和えるだけ☆ねぎだけのぬた
 
ちょっと大人の味ですが、長ねぎの大量消費にはもってこいのお料理ですね。
先日のブログでご紹介したねぎみそと同じように、田中こうじ店のこうじみそ松本一本ねぎを使いました。
 
「風邪予防にねぎは効く」と言いますが、インフルエンザとなるとちょっと難しいかもしれませんね。
それでもねぎを食べて発症しないことを祈っています。
 
インフルエンザっていつ頃から感染の可能性が低くなるのか調べてみると、あるサイトでは「発祥から5日、または解熱後2日」なのだそうです。
結構長い期間学校や会社に行けないことになりますね。
かかってしまった方は神様がくれたお休みだと思ってゆっくりされるのが良いですね。
 
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村