栗の渋皮煮~横山タカ子さんのレシピで

2016-9-28-1
☆有田焼 手描き 染付小鉢→1,200円+税
 
昨日は大粒の栗を沢山いただいたので、渋皮煮を作りました。
 
身近な素材と信州の郷土食をテーマに、ちょっとおしゃれなアイディア料理を本やテレビなどで紹介している横山タカ子さんのレシピで作りました。
「作って楽しむ信州の保存食」と言う本を参考にしています)
 
栗の皮って、むくのがとっても大変ですよね。
わが家では、むく前にしばらく栗をぬるま湯に浸けておくことで皮が柔らかくなりむきやすくなるので、いつもそうしています。
 
後、今回は栗をいただいたお家で栗の皮むき器を貸していただいたら、とても簡単にむくことができました。
しかし、皮むき器を使うと渋皮が破れてしまうので、渋皮煮作りには向きません。
渋皮煮用は包丁でむきました。
 
時折夏のような暑さの日もありますが、近頃はすっかり過ごしやすい秋の気候になりました。
これから更に気温が低くなると、野山では美しい紅葉が見られるのが楽しみですね。
深まりゆく秋をしっかりと味わいたいです。
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
 
PVアクセスランキング にほんブログ村

栗の渋皮煮~横山タカ子さんのレシピで」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ANTONさんのライ麦パン | 丘の上のつれづれ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中