栗の渋皮煮~横山タカ子さんのレシピで

2016-9-28-1
☆有田焼 手描き 染付小鉢→1,200円+税
 
昨日は大粒の栗を沢山いただいたので、渋皮煮を作りました。
 
身近な素材と信州の郷土食をテーマに、ちょっとおしゃれなアイディア料理を本やテレビなどで紹介している横山タカ子さんのレシピで作りました。
「作って楽しむ信州の保存食」と言う本を参考にしています)
 
栗の皮って、むくのがとっても大変ですよね。
わが家では、むく前にしばらく栗をぬるま湯に浸けておくことで皮が柔らかくなりむきやすくなるので、いつもそうしています。
 
後、今回は栗をいただいたお家で栗の皮むき器を貸していただいたら、とても簡単にむくことができました。
しかし、皮むき器を使うと渋皮が破れてしまうので、渋皮煮作りには向きません。
渋皮煮用は包丁でむきました。
 
時折夏のような暑さの日もありますが、近頃はすっかり過ごしやすい秋の気候になりました。
これから更に気温が低くなると、野山では美しい紅葉が見られるのが楽しみですね。
深まりゆく秋をしっかりと味わいたいです。
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
 
PVアクセスランキング にほんブログ村

広告

3色じゃがいもソテー♪

2016-9-20-1
☆長方形トレー 白マット 960円+税
 
↑これ、全部じゃがいもなんですよ♪
左から、グランドペチカ・ノーザンルビー・シャドークイーンです。
 
どれも、シンプルに茹でてソテーしました。
色がはっきりわかるように、白いお皿に盛り付けて。
 
これは、8月の終わり頃にお手伝いして掘ったじゃがいもたちです。
お世話になっているKさんの農園では、今年8種類のじゃがいもを育てたそうです。
 
じゃがいもの収穫は、埋まっている場所を予想して鍬を入れないとキズだらけになってしまうので注意が必要ですが、
コツを覚えればとても楽しいです。
 
味は、微妙に違いがありますが、どれもほっこりしていて美味しかったです。
きっと品種ごとにおススメの調理方法があるんだと思いますが、勉強しておきます。
色違いでフライにして並べたり、ピンクのじゃがいも(ここではノーザンルビー)をスープにしたりするととっても綺麗みたいです^^
 
今週も台風のニュースで持ちきりですが、全国に大きな被害がないことを祈ります。
南信州では収穫間近のりんごが実ってきていますから、そちらも無事でいてくれると良いなぁ。
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
 
PVアクセスランキング にほんブログ村

稲刈りのお手伝いをしました!

2016-9-16-1
今年も稲刈りのお手伝いをしました。
刈り取るのはベテランである農家のKさんが主に行いました。
私がお手伝いしたのは「はざかけ」と言われる作業です。
 
写真のように、刈り取った稲を束にしてしばり、棚に掛けてしばらく干します。
こうすることで、より味の良いお米になるんだそうです。
手間のかかることですので、現在では一般に流通しているお米ははざかけをしていないことが多いそうです。
 
昨年お手伝いした際には初めてだったこともありとても大変だった覚えがありました。
「今年も稲刈りをするのでお願いね」と頼まれた時、ちゃんと戦力になるのかなぁと心配でした。
 
ところが、今年はとても効率よく作業がはかどりました。
昨年は、機械で刈り取って縛った稲の束を手で集めていたのですが、これが結構重たかったです。
今年はこの稲を集めて運ぶ作業を、運搬機と呼ばれる機械を使って行いそれが功を奏しました。
 
新米が食べられることになったら、是非おにぎりにして食べたいと思います。
私のお気に入りの具は、牛肉そぼろです^^
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
 
PVアクセスランキング にほんブログ村