フライパンは、時短・エコ・おいしさの決め手☆


☆マイヤー サーキュロン オリジン レッド
 
暑い日が続きますね。
 
先日のブログでも少しお話しましたが、主人の健康診断で若干数値が高いものがあり、それからは健康的な食事作りにこれまで以上に注意しています。
 
生後6カ月の子供の離乳食も始まりまりました。
この気候ですのでなるべく調理をしたくない、出来ることならお惣菜を買って来たいのですが、
そこを少し我慢して野菜を多く取り入れ塩分や油を控えめにした料理を作る毎日です。
 
さて、嫁ぎ先ですが、主人が私と結婚する前に某ホームセンターで買ってきた「くっつかない」が売りのストーン加工のフライパンを使っていました。
購入して多分2年くらいになるのですが、主人やお義母さんがたまに料理してくれるのはいいのですが何しろおっちょこちょいでしばしば火にかけっぱなしにするらしいので、ストーン加工がところどころはがれていてこの頃では調理の際にお肉やお魚がくっついて仕方なく、毎日のストレスになっていました。
後、ストーン加工のフライパン、何故かお好み焼きを焼こうとすると水分が上手く蒸発せずに、何分焼いてもベタベタのまま、と言う悩みを抱えていました。
(始めは原因がわからずキャベツの切り方が細かすぎたのか、とか、粉に混ぜる水分の量が多いとか、山芋を入れるとべとつくのか、とか色々考えましたが結局フライパンだったようです)
 
3日ほど前に、主人と義母の合議によりフライパンの買い替えが決まったそうです。
で、しばらくストレスだったフライパンのくっつきがやっと解消することになりました。
 
新品を迎えてみると、ハンバーグみたいな焼き物だったらめっちゃくちゃきれいに焼けますね。
後、今回購入した物は結構な厚みがあって熱が高いのか短時間で中まで火が通ります。
 
昨日は鯖の味噌煮を作りました。
前のフライパンでは、味が沁み込んで出来上がる頃には身がすっかり小さく縮んでしまっていたんですが、
新しいフライパンではふっくら仕上がり、もうスーパーで煮付けを買って来なくても大丈夫、と自信が付きました。
 
ちょっと長めの文章でフライパンストレスを綴ってしまいましたが、暑さと煩わしさが相まっていたものがやっとスッキリした、と言うお話です。
フライパン、買いかえるなら一つ良い物をおススメします♪
 
もうしばらく気の抜けない暑さが続きます。
ご自身やご家族の心配、テレビなどから流れてくる熱中症関連のニュースなど気が休まりませんが、このひととき、何とか乗り切りたいですね。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
 

本場の讃岐うどんで肉みそ坦々

☆波佐見焼 ながさき麺鉢 1,200円+税
 
こんにちは。
少し時間が出来、記事にできそうな写真が撮れましたのでブログを更新します。
 
上の写真は、昨日の自宅一人ランチで食べた『肉みそ坦々うどん』です。
 
 
体調を崩していた当店の店主は少しずつ元気を取り戻し、食事もふつうのものが食べられるようになってきました。
とは言え、健康だった店主が生涯で初めて大きく体調を崩した経験でしたので、経過を見ながら体が戻ってゆくように食事には毎日大変気を配っています。
 
話は変わり、私の主人もこの頃血圧が高いとのことで、病院で塩分に気を付けるように指導されました。
家族中食事には注意が必要です。
 
私が、実家の家事・食事準備の手伝い、嫁ぎ先の家事・食事の準備、育児と現在手一杯になってしまったので、実家の方ではたびたび近所の配食サービスを利用しています。
幸い、配食サービスの会社が車で5分ほどの場所にあり、朝注文しても夕方の分を一食から配達してもらえるので大変助かっています。
業者さんの中には比較的安価でも冷凍食品などの使用率が高い場所もあるようですが、わが家でお願いしている業者さんは素材も良い物を使っている感じで大変満足しています。
これからの時代、こう言ったサービスが広がり、全ての地域で気軽に利用できるようになると高齢者を抱えた家族など安心して暮らすことができるのでは、と感じました。
 
 
さて、話は肉みそ坦々うどんに戻ります。
うどんは、讃岐うどんの老舗「亀城庵」から取り寄せたものです。
とても美味しいのですが、少し根値が張るのでわが家でも滅多に購入しません。
今回はお遣い物の取り寄せのついでに自家用として購入しました。
 
そこに付いていたレシピを参考に、作った肉みそ坦々うどん。
ちょっと時短して、肉みそはそれらしい味のレトルトを使いました。
久しぶりに思いっきり食べたなぁ、2玉食べましたもん。
 
でも食べた後、ちょっと体に不調が。
塩分の取り過ぎかな?
(うどんにもレトルトにも沢山の塩分が含まれていますからね)
 
ちなみに、フルーツを食べると過剰に摂取した塩分が排出されるそうですよ♪
わが家でもフルーツを食事に取り入れようと思います。
これからはスイカ何かがいいかな。
 
 
みなさま、そろそろ本格的に暑くなりますので、体調には充分お気を付けくださいね。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
 

信州の杏であんずジャム


 
わが家では、家族が体調を崩しています。
そのため、実店舗の方の営業がまちまちになってしまい、わざわざご来店いただいたお客さまにはご迷惑をおかけしております。
 
私は、育児の合間に実家と嫁ぎ先の家事をし、バタバタとした生活を送っています。
そんな中で、よく熟れた杏が手に入りました。
毎年この時期はいちごジャムを作っていましたが、今年は忙殺されてお休み。
ジャムのストックがなくさみしいな、と言うところにわが家に来た杏。
 
スーパーの見切り品コーナーにあった完熟の実なので種ばなれもよく、簡単に調理出来ました。
夕飯後にちょこちょこっと作業してコトコトと鍋で。
 
杏は、生で少し口にしてみましたが、プラムの様な感じであまり味に特徴がありません。
ところが砂糖を30%ほど加えて煮ると、酸味と甘み、香りが一気に引き立ちます。
 
こんな風なので、外で購入したお惣菜などが食卓に並ぶ毎日ですが、手づくりのジャムがちょっとだけ心を明るくしてくれます。
体は食べ物から作られている、と言う言葉を実感するこの頃です。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
 

健やかな成長を祈って


 
こんにちは。
昨日、わが家では生後100日になる長男の「お食い初め」を行いました。
 
「お食い初め」は、生まれた子供が一生食べるのに困らないようにと言うことや健やかな成長を願って行う行事です。
 
わが家は陶器店ですのでもちろんお食い初め専用のお膳も取り扱っていますし、行事の後も使える子供用食器セットも販売しています。
しかし、特にそう言ったセットを揃えなくても飯碗、汁椀、煮物椀、焼き物皿、箸など用意したい料理を盛り付けることの出来る器が揃えばこの機会に買わなくてはいけないと言う決まりはないと思います。
(それでも、もし子供用の茶碗と汁椀、お箸だけ欲しいと言う方がみえましたら、どうぞお問合わせください)
 
お膳には、嫁ぎ先で採れたミニトマトやきゅうりも並びました。
食べる真似をして後は大人たちでいただきました。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村
 

三島のボールに菜の花の辛子和え


お久しぶりです、のごあいさつが恒例になってしまいました。
 
今年は3月終わりから急に気温が上がり、南信州でも、桜が一気に開花し満開となり、新緑の混じった様子となっています。
 
私事ですが、1月末に無事出産を終え現在は嫁ぎ先と実家を行ったり来たりしながら子育てに励んでいます。
 
本日は、実家の陶器店で作業中です。
先ほど、新鮮な菜の花が手に入りました。
白菜の菜の花だそうです。
辛子和えにしました。
 
季節の味覚を美味しいと思えるのは久しぶりです。
普段は生後2カ月の子供の世話の合間に手近な食べ物を口にしています。
 
子育てをするようになり一番変わったことと言えば、少し先の未来の事を考えるようになったことでしょうか。
料理一つとっても、キャベツの芯やじゃがいもの皮など廃棄部分をなるべく省エネで処分してみようと、細かく刻んで庭先に埋めるのが日課になりました。
(嫁ぎ先の農家ではそう言ったものを畑の隅に埋めたり家庭用の生ごみ処理機で堆肥にしたりと言うことを以前からしていましたが、上記は実家で行うようになりました。)
 
気温が上がったとはいえ、わが家では石油ストーブを点ける日も多く、そのうえで目玉焼きや湯たんぽのお湯などを温め必要のない時はすぐ消すと言った工夫もするようになりました。
 
とても若い頃は完全な消費者でしたが、商売を手伝うようになって販売者、嫁いでからは生産者と言う立場に移り変わっているのを感じます。
今生まれた子供が80才になる頃はちょうど21世紀末。
どんな時代になっているのかな?
販売した器を使ってくださる人も、生産した野菜を食べてくださる人も、品物や食品が手元に届くまでに少しでも地球環境に配慮された方法がとられていた方が幸せですよね。
そんなことを考えるようになったこの頃です。
 
最近のNew Arrivalsです↓
ロックカップ 窯変均窯(ようへんきんよう)
2018.4.1.1-1a
 
ロックカップ 窯変粉引(ようへんこびき)
2018.4.1.2-1a
ロックカップ 焼〆黒釉(やきしめこくゆう)
2018.4.1.4-1a
 
 
 
 
 
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村